中国鉄道発展の集大成、京張高速鉄道のレール敷設完了―中国メディア

中国鉄道発展の集大成、京張高速鉄道のレール敷設完了―中国メディア
中国鉄道発展の「集大成」とされ、スマート高速鉄道モデル工事である北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道で12日午前、全線のレール敷設が完了した。(Record China)
中国鉄道発展の「集大成」とされ、スマート高速鉄道モデル工事である北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道で12日午前、全線のレール敷設が完了した。新華社が伝えた。

【その他の写真】

京張高速鉄道は京津冀(北京・天津・河北)協同発展の重要基礎プロジェクトで、2022年北京冬季オリンピックの重要な交通保障設備となる。線路の全長は174キロで、起点は北京北駅、終点は2022年北京冬季オリンピックのもう一つの会場である張家口となっている。

現在建設中の「八達嶺長城」駅の駅舎では、中鉄五局八達嶺長城駅舎プロジェクト科学技術部の楊才●(ヤン・ツァイ・シン、●は品の口が金)部長がBIM+AR技術を用いて施工方法をQRコードの形で施工地点に貼り出している。こうすることで作業員は携帯電話でスキャンして作業方法を直接見て確認することができ、施工やり直しの比率が極めて低くなった。

また、北斗衛星とGIS技術に基づいて、京張高速鉄道は広域の「測位」ネットワークを構築しており、建設や運営、人員配置、メンテナンス、緊急状況対応の全プロセスにスマート化サービスを提供することが可能になっている。線路リアルタイム「体験」システムでは、センサーを通じて全線のすべての橋や駅、レールをコンピューターとつなぐことを可能にしている。これにより部品の老朽化や路床の沈下、照明の故障などが一目瞭然となる。

「将来、京張高速鉄道の10駅はすべて一つの『大脳』を持つことになる」と中鉄設計京張高速鉄道スマート工程化設計全体責任者の李紅侠(リー・ホンシア)氏は語る。李氏によると、この「大脳」を通じて、スタッフはコントロールルームで駅の照明や温度、湿度といった設備管理や、緊急時の指揮などを実現できるようになるという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月14日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。