広州移動が5G路線バスの試験運転を推進―中国

広州移動が5G路線バスの試験運転を推進―中国
5Gは路線バスをどのように変えるのだろうか。広東省広州市の新穂バス807A路線は「5G公交(バス)」と表示されている。車内に設置されている多くのカメラや監視モニターなどの設備はすでに新しいものに取り換えられている。資料写真。(Record China)
5Gは路線バスをどのように変えるのだろうか。広東省広州市の新穂バス807A路線は「5G公交(バス)」と表示されている。車内に設置されている多くのカメラや監視モニターなどの設備はすでに新しいものに取り換えられている。これは広州移動と広州新穂バス、広州通達汽車による5Gバスで、目下、試験運転の段階に入っている。

走行の安全性を高めるため、5Gバスの運転席の前方には高画質カメラが設置されている。これは運転手を見分ける顔認証装置であり、疲労運転防止システムが搭載されている。眠気に襲われたり、喫煙や携帯電話を利用するといった運転手の危険運転行為をリアルタイムで認識した場合、システムはスマート分析を行い、5Gネットワークを使いその異常状態をバックグラウンドの交通管理センターに送る。5Gネットワークの超低遅延により、運転手は直ちにアラームを受けとり、規則に基づいた運転をするよう注意を受けることになる。

これまでは帯域幅の限界から、車内のテレビがフリーズしやすかった。5G時代の車内動画の帯域幅は上り80M、下り800Mに達する。乗客は走行中の車内で4K高画質動画を視聴できる。さらに重要なことは、5Gネットワークの広帯域幅により6台・720pの高画質リアルタイム監視が可能になり、市民の安全なバス利用を保障できる点だ。

広州移動の技術者によると、807A路線以外の路線でも5Gが使用されることになるという。バスに動画監視高速伝送のほかにも、4K高画質IPTV、顔認証通報、運転安全監督などの機能を搭載する。また、スマートバス停ではスマート停車管理、調整・指揮、ドローンパトロール、自動運転、ビッグデータ方針決定サポートなどの応用を実現していく。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月15日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。