家電・技術見本市「CESアジア」、最先端ハイテクのスマート製品が続々―上海市

家電・技術見本市「CESアジア」、最先端ハイテクのスマート製品が続々―上海市
11日、家電・技術見本市「2019CESアジア」が上海新国際博覧センターで開幕した。(Record China)
2019年6月11日、家電・技術見本市「2019CESアジア」が上海新国際博覧センター(SNIEC)で開幕した。中国内外の企業500社以上が出展し、世界トップレベルの科学技術を展示。5G、人工知能(AI)、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)、自動車技術などの関連分野を含む科学技術生態システムのイノベーションの成果を全面的に展示するイベントになる。第一財経網が伝えた。

【その他の写真】

京東数字科技のスマートロボットアームは、障害者向けに開発されたもので、センサーリングを通じてアームの動きをコントロールし、障害者の暮らしをより便利にする。

VRLCOの無人セルフVRゲーム機はショッピングセンター、映画館、地下鉄、飛行場などの公共スペースに幅広く応用でき、店を構えることも人を雇う必要もなく、少し土地があればよく、物質的な消耗がない。

紐洛斯人工知能公司が開発したモバイル端末のアプリケーション「心魔鏡」。補助設備なしで、普通のカメラを使って人の生理指標や心理指標を素早く正確に測定・識別・分析することができ、モバイル端末は真の携帯スマート健康サポーターになる。

工匠社科技有限公司が開発した初の「マン・マシン一体」コントロール技術を採用した普及型の格闘ゲームロボット。ロボットは人と機械が一体化し、人と同じような形をして人と同じように動き、人の動きにミリ秒単位で反応して正確にシンクロする。人体型の設計で、コントロールが柔軟で簡単だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月15日の中国記事

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。