上海で初となる自動「警報」機能を備えた大橋の運用スタート―中国

上海で初となる自動「警報」機能を備えた大橋の運用スタート―中国
上海で初の自動「警報」機能を備えた橋梁として新たに建設された平申線航道整備工事G1503(旧G1501)?港大橋がこのほどその運用をスタートした。(Record China)
上海で初の自動「警報」機能を備えた橋梁として新たに建設された平申線航道整備工事G1503(旧G1501)?港大橋がこのほどその運用をスタートした。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

同大橋は「自動衝突防止警報システム」を採用し、リアルタイムの映像スキャンを通じて、通過する船舶が航路から外れないか予測し、早い段階で警報を発することができ、この機能は同大橋の科学技術におけるハイライトとなっている。同大橋は約3年以上をかけて建設され、今月4日より運用をスタートさせている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月16日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。