BTSの兵役問題、「竹島」に配属する案が韓国ネットで話題に

BTSの兵役問題、「竹島」に配属する案が韓国ネットで話題に
12日、韓国・朝鮮日報は「『BTSを独島に』防弾少年団の入隊戦略がオンラインで話題」と題する記事を報じた。写真はBTSの釜山訪問を歓迎する横断幕。(Record China)
2019年6月12日、韓国・朝鮮日報は「『BTSを独島に』防弾少年団の入隊戦略がオンラインで話題」と題する記事を報じた。

韓国では昨今、人気グループ・BTSのメンバーの「兵役問題」がたびたび話題になっている。メンバーの兵役義務を免除するため「別途で兵役特例制度をつくろう」との声も上がっていた。

記事によると、あるインターネット掲示板ではこのほど、BTSの兵役を竹島(韓国名・独島)問題と関連付けた投稿が話題になっている。「BTSが入隊すれば最強テクツリー(Tech Tree)」と題したもので、「メンバーらをみんな一緒に入隊させて、配属部隊も同じ所にしなければならない」とし、その場所として竹島を提案したという。

その理由としては「韓国の領土を守る独島警備隊にBTSが服務すれば、全世界のアーミー(公式ファンクラブ)の頭に『BTSが服務している独島は韓国の領土』という認識が刻まれる。日本がいくら竹島だと言い張っても、彼らのネームバリューは超えられない壁であり、実質的に文化が勝利する。BTSが独島で訓練をして『大変だ』とSNSでアップしたら、海外アーミーらの関心が独島に集中せざるを得ず、『私たちのBTSを苦しめないで』と独島に押し寄せるだろう」と説明したという。

さらに「客船内でガイドが『Dokdo is a Korean territory located on the East Sea(独島は東海にある韓国の領土)』と説明すれば、世界の人々の日本海という概念が(

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。