新時代の新視点で日中友好の物語を語る―中国メディア

新時代の新視点で日中友好の物語を語る―中国メディア
日中友好交流物語会がこのほど大阪で開催された。広州市人民政府新聞弁公室が主催し、広州の各業界の代表と日本の友好関係者が日中の友好的往来を振り返り、素晴らしい未来を展望した。写真は港珠澳大橋。(Record China)
「新たな時代の新たな視点、発展の新たな構造へ共に進む」をテーマとする日中友好交流物語会がこのほど大阪で開催された。広州市人民政府新聞弁公室が主催し、広州の各業界の代表と日本の友好関係者が日中の友好的往来を振り返り、素晴らしい未来を展望した。

中国の李天然(リー・ティエンラン)駐大阪総領事はスピーチで「現在日中関係は正常な軌道に戻り、日中の平和・友好・協力事業は再出航を実現した。広東省は中国の省で経済規模が最大であり、現在建設中の『粤港澳大湾区』(広州、仏山、肇慶、深セン、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、澳門<マカオ>両特別行政区によって構成される都市クラスター)は世界第4のグレーターベイエリアであり、日本との互恵協力の大きな余地がある。双方がチャンスを捉え、日中の地方交流が新たな成果を得る後押しをすることを期待する」と表明した。

1979年5月、広州市は福岡市と「手をつなぎ」、中国華南地域で初の国際友好都市となった。かつて両市の交流で翻訳を担当した千葉由紀子さんは1980年代に初めて福岡から広州へ渡った研修生の1人であり、以後数十年の間に両市間を何度も往き来した。千葉さんは、現在の広州には国際舞台で独特な魅力があると指摘した。

「友好的往来の物語を語ることは、日中友好の基礎を固める助けになる」。日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』を制作したKADOKAWAグループ海外事業局の垣貫真和局長は中国との物語を紹介した。垣貫氏は今回の行事を契機に、中国の出版界、メディア及び友好団体との協力を引き続き強化し、両国民に好まれる文化作品をさらに多く製作し、文化交流を促進したい考えを示した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。