北京新空港線「白鯨号」が空車で試験走行―中国

北京新空港線「白鯨号」が空車で試験走行―中国
北京市の地下鉄「北京新空港線」第1期工事区間でこのほど列車「白鯨号」が空車での試験走行を実施した。(Record China)
北京市の地下鉄「北京新空港線」第1期工事区間でこのほど列車「白鯨号」が空車での試験走行を実施した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

地下鉄「新空港線」の最高時速は160キロで、運行時速は117キロとなっている。同路線の第1期工事では草橋、大興新城、大興空港の3駅を通過する予定で、その全長は41.36キロ。今年9月の北京大興国際空港の開港と同時に運行をスタートさせる計画となっている。地下鉄「新空港線」の列車は8両編成で、全自動運転システムを採用し、無人運転の条件を備えており、1編成の定員は約900人となっている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。