「逃亡犯条例」改正案は本当に問題なのか、香港政府が犯した3つのミス―米華字メディア

「逃亡犯条例」改正案は本当に問題なのか、香港政府が犯した3つのミス―米華字メディア
米華字メディア・多維新聞は17日、「条例改正案が生んだ対立を本当に緩和したいなら、香港政府は犯した三つの大きなミスについて反省しなければならない」と題した記事を掲載した。写真は香港(提供:Hong Kong In-media)。(Record China)
米華字メディア・多維新聞は17日、「条例改正案が生んだ対立を本当に緩和したいなら、香港政府は犯した三つの大きなミスについて反省しなければならない」と題した記事を掲載した。

市民の大規模な抗議活動が続く香港で15日、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は記者会見を行った。同長官は立法会における「逃亡犯条例」改正案の審議を中断し、改正を無期限で延期すると発表した上で、「説明と意思疎通が不十分だったために香港社会に大きな食い違いを生んでしまった」「最も誠意のある、謙虚な態度で批判を受け入れるつもりだ」などと謝罪の意を示した。

記事はこれを受けて、「今回の決定は、目下の香港における緊張した対立感情を和らげるのに、ある程度は役立つだろう。ただ、抗議者らの要求は単純な条例改正反対から林鄭行政長官や香港政府に対する不信や不満へと形を変えている。そのため、今後の局面を本当に緩和できるかどうかは、香港政府が条例改正を推進する過程で存在した不足や欠点を真に認識できるか否か、そして深く反省し、コミュニケーションと統治能力を高められるか否かにかかっている」と指摘。その上で、「香港政府が『逃亡犯条例』改正案の提出以降に取ったさまざまな言動を整理すると、少なくとも三つの大きなミスを犯していたことが分かる」とした。

記事は、一つ目のミスについて、「香港政府が条例改正の複雑さとその物議を醸しやすい性質を過小評価してしまったこと、そして香港社会で長きにわたって蓄積されてきた、香港と中国大陸の司法システムに対する不信感や、個人の経済的な生活といった深いレベルの問題に対する不満を十分に把握していなかったことだ」と説明した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月18日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら