韓国の“国産”月軌道船の打ち上げがまた延期に?開発が遅れる理由は…=韓国ネットは「期待してない」

韓国の“国産”月軌道船の打ち上げがまた延期に?開発が遅れる理由は…=韓国ネットは「期待してない」
16日、韓国・ニュース1は、韓国が「純国産技術」で開発を進めている「月軌道船」の打ち上げが延期になりそうだと伝えた。資料写真。(Record China)
2019年6月16日、韓国・ニュース1は、韓国が「純国産技術」で開発を進めている「月軌道船」の打ち上げが延期になりそうだと伝えた。当初は2020年12月に打ち上げる計画だったが、「研究陣の技術的な意見の食い違い」により「日程調整は避けられない見通し」だとしている。

科学技術情報通信部が2018年に策定した「第3次宇宙開発新興基本計画」では、テスト用月軌道船を20年までに、月着陸船を30年までに打ち上げる予定だった。しかし記事によると、韓国航空宇宙研究院の労組が10日に「18年4月から、研究現場では月探査事業に赤信号がともり始めたがいまだに放置されている。現時点で20年12月に予定されている月軌道船の打ち上げは、22年ですら可能かどうか予測困難な状況」だとする声明書を出したという。

労組は、軌道船開発はクリティカル・デザイン・レビュー(CDR)の段階でストップしている状態だとも伝え、その理由を「研究陣の意見の食い違い」と説明している。当初の計画では「軌道船の任務寿命は3カ月、ペイロード(搭載物)数は四つ」だったが、17年に「1年、六つ」に変更され、軌道船の予想総重量も550キロから660キロとなった。このため、「軌道船の重量が増えた分、燃料タンクを安定させるため規模を拡大し設計に反映すべき」との意見と、「従来の燃料タンクで問題なし」との意見で対立しているという。

韓国政府はまだ具体的に動いてはいないが、正式に打ち上げ延期が決まった場合、4度目の日程調整となるという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。