日本のコーチが語った中国サッカーに足りないもの、中国ネットで賛同の声!

日本のコーチが語った中国サッカーに足りないもの、中国ネットで賛同の声!
中国のサッカー専門メディアの「中国足球報道」は13日、「日本のユースコーチが語った:中国サッカーに足りないのは教育」と題する記事を掲載した。写真は中国のサッカー少年。(Record China)
中国のサッカー専門メディアの「中国足球報道」は13日、「日本のユースコーチが語った:中国サッカーに足りないのは教育」と題する記事を掲載した。

記事は、元北京国安の選手で、現在は八喜足球倶楽部の代表を務める郭維維(グオ・ウェイウェイ)氏が、日本のユースチームのコーチらと話し合う中で指摘された中国サッカーの問題点を挙げた。

日本のコーチからは、「中国サッカーは成果を出すことを急ぎすぎて、ユース年代の育成がおろそかになっている」「選手の失敗を深刻に考えるのではなく、多くの失敗を経験させることで成熟していく」などの指摘があったという。

また、中国のチームを指導したことのあるコーチからは、「中国の若い選手の中にはサッカーだけに没頭し、学業をおろそかにしている子どももいる」との指摘があったといい、「プロになれる選手は少数。(日本で)プロになれなかった選手は、起業したり、教師になったり、指導者になったり、記者になったり、普通のサラリーマンになる人もいる。教育がしっかりされていなければ、仕事をしていくのも大変。サッカーを通じて、全面的に成長することが大事」との考えが示されたそうだ。

このほか、中国の子どもを指導したことのあるコーチからは、「中国の保護者は子どもの荷物をすべて持ってあげるなど、甘やかす傾向がある。練習中に子どもに指示したり、大声で叫んだりする親もいる。練習の邪魔になることもあるし、選手たちの創造性と個性を奪ってしまう」という指摘も出たそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。