6月末に完成予定の北京大興空港高速道路、路面には自動融雪技術を採用―中国

6月末に完成予定の北京大興空港高速道路、路面には自動融雪技術を採用―中国
「北京大興国際空港における重要付帯設備保障工程」である北京大興空港高速道路と北京大興空港北線高速道路が今年6月末には完成し、開通条件が整うこととなる。(Record China)
北京大興国際空港における重要付帯設備保障工程」である北京大興空港高速道路と北京大興空港北線高速道路が今年6月末には完成し、開通条件が整うこととなる。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

大興空港高速道路の23キロメートルにわたる橋梁部分の路面には氷と雪を融かす資材を採用し、自動融雪技術によって路面の氷点を約マイナス12度にまで下げ、凍結や降雪といった天候下での高速道路の通行能力への影響を改善。一般的に使用されている融雪剤の使用を大幅に減らすことで、環境への影響と橋梁構造の損傷を軽減させる。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。