中国のホワイトカラーの上半期、8割「昇進昇給なし」4割「結婚の催促あり」―中国メディア

中国のホワイトカラーの上半期、8割「昇進昇給なし」4割「結婚の催促あり」―中国メディア
就職支援サイト・智聯招聘は18日、このほど行った半期調査研究で回収した2万2131件の回答を分析して、「2019年サラリーマン半期調査報告」を発表した。資料写真。(Record China)
就職支援サイト・智聯招聘は18日、このほど行った半期調査研究で回収した2万2131件の回答を分析して、「2019年サラリーマン半期調査報告」を発表した。武漢晩報が伝えた。

■ホワイトカラーの8割「昇進昇給なし」

春節(旧正月、今年は2月5日)の後は一般的に昇進のタイミングになるが、今回の調査データによると、上半期にはホワイトカラーの85.1%が、「昇進も昇給もしなかった」と答えた。

今年上半期は就職が難しく、昇進も難しかったのと同時に、ホワイトカラーの給与にも大きな変化がなかった。調査データによると、働く人の61.8%が「上半期の給与は据え置きだった」と答え、17.4%が「給与は上がらないどころか下がった」と答え、「上がった」は20.8%にとどまった。

給与が上がった2割の人々のうち、「10%に満たない昇給」が48.7%、「10-20%の昇給」が32%に上り、大幅に上昇したのはごく限られた人だけだったことがわかる。

仕事と生活がますます切り離せなくなった状況の中で、多くのホワイトカラーが一日8時間以上働いている。調査データによると、「給与を時給に換算すると20元(約320円)に満たない」が28.6%に上り、最多は「20-50元(約320-800円)」で44.3%を占めた。

■「結婚を催促された」が4割

結婚や恋愛はサラリーマンに共通の悩みだ。結婚適齢期の人は家族や友人たちからの結婚の催促にしょっちゅう対応しなくてはならないといい、「上半期に結婚を催促された」サラリーマンが39.1%いた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月20日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。