ベルギーの運河で侵略的外来種の上海ガニが大繁殖、中国人の食卓へ戻すことを検討―中国メディア

ベルギーの運河で侵略的外来種の上海ガニが大繁殖、中国人の食卓へ戻すことを検討―中国メディア
19日、中国紙・環球時報は、ベルギーの運河で侵略的外来種の上海ガニが大繁殖し、中国人の食卓へ送り返すことが検討されていると報じた。写真はブルッヘ(ブルージュ)。(Record China)
2019年6月19日、中国紙・環球時報は、ベルギーの運河で侵略的外来種の上海ガニが大繁殖し、中国人の食卓へ送り返すことが検討されていると報じた。

記事によると、英紙デイリー・テレグラフは17日、「大量のチュウゴクモクズガニ(上海ガニ)がベルギー西北部のブルッヘ(ブルージュ)の美しい運河の生態系を破壊し、ベルギーの水路に大混乱を引き起こしている」と伝えている。

同紙によると、チュウゴクモクズガニは侵略的外来種で、「北のベネチア」と呼ばれるこの町の当局は、わなを仕掛けることを余儀なくされ、今年に入ってから昨年の2倍に当たる71万5000匹を捕獲しているという。

現地の環境当局によると、これらのカニは船とともに中国からヨーロッパへ移動してきたとみられ、天敵がいないことから急速に繁殖。河床を破壊し、河川敷で見つけたほぼすべてのものを食べることによって生態系のバランスを崩し、漁具を破壊することさえあるという。

捕獲されたカニは殺されるか飼料に加工されているが、数の増加によりコストが急上昇しているため、好んで食べられる中国へ送り返すことが検討されているという。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月21日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら