カンボジアのビル倒壊、死者24人に=中国人関与に「おから工事を輸出した」と非難の声

カンボジアのビル倒壊、死者24人に=中国人関与に「おから工事を輸出した」と非難の声
カンボジアのビル倒壊による死者が24人となった。負傷者も24人に上っている。(Record China)
カンボジアのビル倒壊による死者が24人となった。負傷者も24人に上っている。中国メディアの南方都市報などが24日付で伝えた。

同国南部の沿岸都市シアヌークビルで22日午前5時(現地時間)、建設中のビルが倒壊した。中国からの投資を受けて建設中だった同ビルは7階建てで、7~8割完成した現場に作業員らが寝泊まりしていたという。死亡が確認された24人のうち、1人は中国人とみられる。

現地政府によると、この事故を受け、現場の責任者を含む3人の中国人と1人のカンボジア人の計4人が取り調べを受けた。カンボジア当局によると、倒壊したビルは施行許可証を取得しておらず、過去に2度当局によって施工を止められていた。

この報道を受け、中国のネットユーザーからは「中国人の恥をさらした」「中国の『おから工事』を海外に輸出してはならない。ひどいことだ」「亡くなった方に哀悼の意を」「責任者を厳しく罰してもらいたい」「海外に出る人間には中国を代表しているという認識を持ってもらいたい」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月24日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。