NEC中国「2子会社を安売り」疑惑広がる―中国メディア

NEC中国「2子会社を安売り」疑惑広がる―中国メディア
常に控え目な日本電機株式会社(NEC)はこのほど、「資産を安売りしている」として再び広く注目を集めることになった。写真はNEC製品。(Record China)
常に控え目な日本電機株式会社(NEC)はこのほど、「資産を安売りしている」として再び広く注目を集めることになった。今月23日、NECの社員とみられる人物が微博(ウェイボー)で明らかにした情報によると、NECは子会社2社を廉価で売却しているが、社員の雇用・待遇はあと1年しか維持しないと発表したという。NECの北京、済南、西安の各支社の社員を取材した結果、発表の内容が確認された。北京商報が伝えた。

NEC中国法人の関係者を取材すると、事業を承継するのは大連華信計算機技術股フン有限公司(フンはにんべんに分)だという。その後、電話と面談を通じて済南、北京、西安の社員に詳しい話を聞いた。

今回、売却されるのはNEC軟件(済南)有限公司と日電卓越軟件科技(北京)有限公司。主にNECのソフトウェアのアウトソーシング事業を行っている。

大連華信は1996年5月に設立され、コンピューターアプリケーションソフトの開発、システムインテグレーション、ソフトアウトソーシングサービスなど多様な業務を手がけている。NECは大連華信の株式の5.46%を保有し、大連華信の主要顧客でもあり、売上高の8.44%を占める。また、NECソリューションイノベータ株式会社は大連華信の株式を7.44%保有している。

大連華信の発表した公告によると、NEC中国は済南公司と北京公司の株式を100%保有しており、これから両社の株式の92%を大連華信に売却し、8%は引き続き保有する予定。売却額は済南公司が5093万元(約8億1500万円)、北京公司が3238万元(約5億1800万円)だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月25日の中国記事

次に読みたい関連記事「新浪微博」のニュース

次に読みたい関連記事「新浪微博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。