日本の科学技術・教育界が習近平主席の訪日に期待

日本の科学技術・教育界が習近平主席の訪日に期待
2019年は中華人民共和国成立70周年であり、日本では「令和」の新時代を迎えた。(Record China)
2019年は中華人民共和国成立70周年であり、日本では「令和」の新時代を迎えた。日本のメディアは概して、このような中日両国の発展史における重要な節目の年を、中日関係の新たな「突破口」とし、新たな発展のための好機とすべきであるととらえている。今この時、習近平国家主席が6月末に大阪で開催されるG20サミットのために来日するとのニュースが大きな注目を集めている。(文/『人民日報海外版日本月刊』編集長・蒋豊)???

一部の日本のメディアは、習近平主席のG20サミットへの参加は、国家主席就任後、初の訪日となるだけでなく、G20サミットの初の開催国となった日本に対する支持の表れであり、これは日中関係改善のための最良の機会となるであろうと指摘している。
長年、中日友好に尽力してきた元文部科学副大臣で東京大学教授の鈴木寛氏は、メディアの取材に答えて次のように述べている。「日中関係は新たな段階に入っています。日本の科学技術・教育界は習近平国家主席の訪日に熱い期待を寄せています。今回の訪日は正式訪問ではないものの、大きな意義をもつものです。日中両国は新たな戦略的共通点を探るべきです。この100年間見られなかった世界の構造変化の下で、我々は科学技術分野の協力から着手し、新たな日中関係発展の起点とすべきです。現在、日本のノーベル賞受賞者のほとんどの研究室に中国人留学生が在籍しています。彼らは日本のみならず、アジアのノーベル賞受賞者なのであり、日中関係の発展にしかるべき貢献を成し得るものです」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月25日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。