超大直径シールドマシンがラインオフ、中国が技術独占を打破―中国メディア

超大直径シールドマシンがラインオフ、中国が技術独占を打破―中国メディア
中国国内初の完全に独自の知的財産権を持ち、多くの国産コア部品・設計を用いて製造された超大直径泥水式シールドマシン「振興号」が無事にラインオフした。(Record China)
中国国内初の完全に独自の知的財産権を持ち、多くの国産コア部品・設計を用いて製造された超大直径泥水式シールドマシン「振興号」が無事にラインオフした。これは中国が海外の技術独占の打破に成功し、初めて超大直径シールドマシンのカギとなる技術の独自イノベーションを実現したことを示している。環球時報が伝えた。

この中交集団所属の中交天和が独自開発した超大直径シールドマシンのカッターの直径は15.03メートル、全長は135メートルで、総重量は4000トン。ラインオフの記念式典は中交天和机械設備制造有限公司常熟拠点で行われた。現場では巨大な振興号がラインの中央に置かれ、鉄の巨竜のようだった。式典に出席した現場の人々が小さく見えるほどだった。

振興号の「顔」は直径15.03メートルのカッターで、赤色に塗装されている。カッターの中央にはかわいらしいパンダのイラストがある。筆者はこれまで多くのシールドマシンを見てきたが、カッターにはさまざまな塗装が施されるのがよく見られるが、イラストが入ったものは初めて目にした。

スタッフによると、中国の特別天然記念物であるパンダが振興号に描かれたことは、このシールドマシンがパンダのように中国独自のものであることを象徴している。振興号はその「血筋」と「独自の技能」により、確かにパンダのような存在と言える。中国機械工程協会掘削機分会の宋振華事務局長は取材に対し、振興号の国産化は従来の国産シールドマシンを大きく上回り、90%がフル国産化された部品を採用していると話した。宋氏は「中国のシールドマシンは実際、2009年頃から発展を始めた。10年の発展を経て、以前は9割を輸入に依存していた(部品)が、現在は9割以上が国産になっている」と誇らしげに話した。

振興号はラインオフ後、南京市和燕路河川横断プロジェクトに使用される。同プロジェクトは中国工程院の院士5人及び業界専門家16人により、中国内で難易度が最も高いシールドトンネルの一つ、これまで長江で建設が最も難しい河川横断プロジェクトと断定された。この極度に厳しい舞台において、振興号はドイツのヘレンクネヒト社のシールドマシンと二手に分かれて同時に工事を行うことになっている。(提供/人民網日本語版・編集YF)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月26日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。