5Gの高速通信で「破産」?通信料は4G以下になる―中国メディア

5Gの高速通信で「破産」?通信料は4G以下になる―中国メディア
5Gの営業許可証が発行され、中国は5G商用化元年に突入した。5Gはこれから私たちの生活にどんな便利さをもたらすだろうか。(Record China)
5Gの営業許可証が発行され、中国は5G商用化元年に突入した。5Gはこれから私たちの生活にどんな便利さをもたらすだろうか。いつになれば5G携帯電話を本当に使えるようになるだろうか。5Gの料金は高くないのか。このような疑問に対し、中国科学技術協会がこのほど開催したイベント「科学麻辣?」で、通信業界の専門家と大学の専門家がそれぞれの見方を示した。「北京晩報」が伝えた。

工業・情報化部(省)通信科学技術委員会の張新生事務局長は、「5Gは消費市場と業界の応用市場で幅広く応用されることになり、世界で12兆3000億ドル(約1317兆2070億円)の売り上げを生み出す潜在力があると同時に、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能(AI)などの新技術に背中を押されて、まったく新しい、開放的で融合型のスマート化ネットワークになることが予想される」と述べた。

中国情報通信研究院の胡堅波チーフエンジニアは、「モバイルネットワークとモノのインターネット(IoT)は5G発展の主な駆動力だ。2030年までに、モバイルインターネットが接続するデバイスの総量は1000億台を超え、モバイル事業の通信量は数万倍増加して、すべてのモノとコトがつながる「IoE」を真に構築することになる。人間の脳からの指令が届いて体が反応するまでにかかる時間は約20-30ミリ秒だが、5Gもテストでミリ秒単位の反応速度(遅延)を達成しており、これは未来の5Gが自動車の自動運転や遠隔医療、救急救助活動などで大いに活躍できることを意味する」と述べた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月26日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。