世界初のAIバーチャル裁判官が北京に登場―中国

世界初のAIバーチャル裁判官が北京に登場―中国
27日に開かれた「オンラインスマート訴訟サービスセンター」記者発表会の現場において、北京インターネット裁判所総合審判第二法廷の責任者である劉書涵氏が、彼女の「分身」となるAIバーチャル裁判官と共に登場した。(Record China)
「こんにちは、私は世界初のAI(人工知能)バーチャル裁判官です。北京インターネット裁判所の劉書涵(リウ・シュウハン)裁判官をモデルとしています」。27日に開かれた「オンラインスマート訴訟サービスセンター」記者発表会の現場において、北京インターネット裁判所総合審判第二法廷の責任者である劉書涵氏が、彼女の「分身」となるAIバーチャル裁判官と共に登場した。北京インターネット裁判所の訴訟サービスプラットフォームの電子訴訟カテゴリー、もしくは直接「モバイルマイクロ裁判所」微信小程序(WeChatミニプログラム)を利用することで、当事者はAIバーチャル裁判官のスマート訴訟案内サービスを受けることができる。北京青年報が伝えた。

AIバーチャル裁判官にはどのような機能があるのだろうか。劉氏によると、「24時間勤務」の裁判所は訴訟サービスも24時間続けなければならない。裁判所は当事者の登録、応訴、調停、法律コンサルティング、技術操作の中でよく生じる問題を120種(2万文字近い)に分けるとともに、スマート識別技術により当事者からの質問についてキーワード読み取りを行い、的を絞った回答を行う。当事者に没入型訴訟案内を提供する。

筆者の調べによると、今回の記者発表会で展示されたAIバーチャル裁判官は一つのイメージに過ぎず、訴訟サービスの部分でしか利用されない。

劉氏によると、北京インターネット裁判所がAIバーチャル裁判官を投入したのは、当事者との距離を近づけるためだ。インターネット裁判所で訴訟を起こす際に向き合うのは冷たいディスプレーだけではなく、裁判官から「マンツーマン」で質問に答えてもらうことができる。現段階では、当事者とAIバーチャル裁判官の交流は文書を送るだけにとどまっている。劉氏によると、裁判所は今後、既存の機能と音声認識技術を結びつけることで、音声による質問を実現することを検討するという。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月28日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。