中国のCPIが4カ月連続上昇、果物43%・豚肉21%上昇―中国国家統計局

中国のCPIが4カ月連続上昇、果物43%・豚肉21%上昇―中国国家統計局
中国国家統計局が10日に発表したデータによると、今年6月の消費者物価指数(CPI)は前年同期比2.7%上昇し、4カ月続けて上昇幅が2%を越えた。(Record China)
中国国家統計局が10日に発表したデータによると、今年6月の消費者物価指数(CPI)は前年同期比2.7%上昇し、4カ月続けて上昇幅が2%を越えた。このうち果物価格が40%以上も値上がりし、豚肉価格も20%以上値上がりし、6月のCPI上昇を招いた主な要因となった。専門家は、「5月と6月は一年でCPIが高水準になる月で、CPIはこれから低下していくだろう」とみる。中国新聞網が伝えた。

CPI上昇幅が4カ月連続で2%超


豚肉や果物などの食品価格の大幅上昇を受けて、6月のCPI上昇幅は5月の水準を維持して「2%台時代」が続いた。CPIの前年同期比上昇幅は今年3月から4カ月連続で2%を超えている。

6月のCPIは同2.7%上昇した。これは市場関連機関が打ち出した予測とほぼ一致する数値だ。金融情報サービスのWind資訊のデータによると、研究機関20カ所の6月CPI同上昇幅に対する予測値の平均は2.7%だった。最高は2.9%、最低は2.5%という。

北京大学経済学院の曹和平(ツァオ・ホーピン)教授は、「6月の物価上昇幅は拡大し続けてはいない。野菜価格の上昇幅が鈍化したことが主な原因だ」と指摘した。

データをみると、前月と比較した場合、CPIは前月の横ばいから0.1%低下に転じた。食品のうち、野菜が市場に大量に出回るようになり、価格は9.7%低下し、CPIを約0.25ポイント引き下げた。前年同期と比較すると、野菜価格は4.2%の上昇で、上昇幅は前月比9.1ポイント低下した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月11日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。