小説「三体」が日本で人気!発売1週間で10刷、小島秀夫ら有名人がこぞって推薦―中国メディア

小説「三体」が日本で人気!発売1週間で10刷、小島秀夫ら有名人がこぞって推薦―中国メディア
「『三体』の日本語版は中国語オリジナル版より11年遅れで出版された。このような10年以上の『凍結』時間は、今後短くなっていくだろう」、これは劉慈欣氏の小説「三体」を読んだある日本のネットユーザーが寄せたコメントだ。(Record China)
「『千と千尋の神隠し』中国語版は日本語版より18年遅れて公開され、『三体』の日本語版は中国語オリジナル版より11年遅れで出版された。このような10年以上の『凍結』時間は、今後短くなっていくだろう」、これは劉慈欣氏の小説「三体」を読んだある日本のネットユーザーが寄せたコメントだ。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

中国人SF作家である劉慈欣氏の有名なSF小説「三体」の日本語版が7月4日、正式に発売され、それから1週間もたたないうちに「三体」ブームが起こっている。

「三体」の日本語版は光吉さくら氏、ワン・チャイ氏、大森望氏が翻訳し、日本最大のSF作品出版社である早川書房から出版された。価格は2052円(約130元)。

価格が高いように思えるが、4日の発売当日、「三体」は日本のアマゾンの文芸作品ジャンルで売れ筋ランキング1位になり、発売の翌日には、翻訳者の大森望氏がソーシャルメディアで3回目の増刷を明らかにした。

8日、早川書房営業部は、「三体」を大幅増刷し、6-8回目の増刷も始めることを発表し、「『うちの書店ではSFは売れない』と心配している書店も安心してほしい。(三体ブームは)SF好きな読者以外の層にも拡散しつつある!」とした。

多くの日本の書店は「三体」を人目を引く位置に置いており、さらには書架に置いた見本まで売り切れてしまった書店もある。7月10日、大森氏は、「『三体』の第1刷の印刷部数は1万部で、現在、第2刷から第10刷の増刷分7万6000部も相次いで各地の書店に出荷され始めている」と語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月12日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら