日本の輸出規制に韓国は「目には目を」で対抗できるか―中国メディア

日本の輸出規制に韓国は「目には目を」で対抗できるか―中国メディア
日本があっという間に3品目の輸出規制を打ち出したの比べ、韓国は明らかに受け身の立場に立たされている。資料写真。(Record China)
日本があっという間に3品目の輸出規制を打ち出したの比べ、韓国は明らかに受け身の立場に立たされている。日本が「韓国に対する輸出規制の撤廃は考えていない」と態度を明確にすると、韓国の文在寅大統領は現地時間の10日、緊急対抗措置をとるとついに発表した。日本が措置を発動してから1週間近く経っている。これまでの経過を振り返ると、韓国は絶えず日本に呼びかける以外、実質的な反撃はできていない。韓国は国内経済が不調続きで、外部への要所も日本にがっちりと押さえ込まれ、内憂外患という言葉で言い表しても少しも誇張ではない。「北京商報」が伝えた。

日本が韓国をやっつけると決めて、困ったことになったのは日韓間でビジネスを展開する企業だ。サムスン電子やSKハイニックスなどの大手企業なら自分たちの力でなんとか持ちこたえることができるが、多くの中小企業はそうとは限らない。韓国・聯合ニュースが10日に伝えたところでは、日本政府の対韓輸出規制措置は長期的な管制メカニズムになる可能性があり、韓国の中小企業は危機感を募らせているという。

韓国が出した結論は9日に行われた調査に基づくものだ。直接的または間接的に影響を受けるとみられる中小企業269社にたずねたところ、日本が輸出規制を続けた場合、6カ月以上持ちこたえられないとした企業は59%に達したが、3カ月でも難しいとしたところは28.9%で、規制が1年間続いても持ちこたえられるとした企業は20%しかなかった。SKハイニックスの関係者も以前、「ストックは3カ月分もない。追加調達できなければ、3カ月後に工場は操業停止になるかもしれない」と明かした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月13日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。