「猛暑日」にはどこに行く?避暑にピッタリな中国の10大避暑地―中国メディア

「猛暑日」にはどこに行く?避暑にピッタリな中国の10大避暑地―中国メディア
盛夏を迎え、人々に最も人気なのは「避暑旅行」だ。ここでは避暑にピッタリな中国の10大避暑地である長春、伊春、承徳、恩施、西寧、貴陽、林芝、攀枝花、烏蘭察布、香格里拉を紹介。爽やかさを感じながら、避暑旅行を計画する際の参考にしてみよう。(Record China)
盛夏を迎え、人々に最も人気なのは「避暑行」だ。ここでは避暑にピッタリな中国の10大避暑地である長春、伊春、承徳、恩施、西寧、貴陽、林芝、攀枝花、烏蘭察布、香格里拉を紹介。爽やかさを感じながら、避暑旅行を計画する際の参考にしてみよう。人民日報海外版が伝えた。

【その他の写真】

林芝


チベットと聞くと、雪の高原をイメージする人が多いだろう。しかし、林芝市は、「チベットの江南」と讃えられている。同市は、海抜が低く、植物が生い茂っている。遠くに見える雪山は、まるで巨大な冷蔵庫のようで、酷暑には、林芝に天然の「熱さまし」を送ってくれる。夏に林芝の高原牧草地帯をそぞろ歩くと、心地良いそよ風が肌をくすぐり、色とりどりの花が咲き誇っている。

青蔵高原に位置する林芝には、雄大な雪山や氷河の自然の奇観を数多く目にすることができる。南迦巴瓦峰や米堆冰川、雅魯藏布大峡谷はいずれも、世界的にも有名な自然景観だ。

香格里拉


チベット語で「心の中の太陽と月」を意味する香格里拉は、雲南省迪慶蔵族(デチェン・チベット)族自治州に位置し、州政府所在地でもある。香格里拉の5~10月の平均気温は11~20度。英国の作家ジェームズ・ヒルトンの小説「失われた地平線」で舞台になったことから、香格里拉は一躍有名になった。ここには、虎跳峡や普達措国家公園、ソンツェリン寺、ナパ海、巴拉格宗などの有名観光スポットがある。

さわやかな夏の日、「世俗を離れた別世界」といわれる香格里拉ではまるで天国のような景色が広がる。紺碧の空に神々しさすら感じさせる雪山、神秘的な寺院、どこまでも続く星空など、この地はユートピアへの憧れを抱く観光客を存分に満足させてくれる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月16日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。