故宮の文化財修復職員に注目集まる、4万人以上が応募―中国

故宮の文化財修復職員に注目集まる、4万人以上が応募―中国
ドキュメンタリー番組「我在故宮修文物(故宮で文物を修復する私)」が大ヒットしてからというもの、故宮の文化財修復職員は瞬く間に「ネット上の人気職業」となった。(Record China)
ドキュメンタリー番組「我在故宮修文物(故宮で文物を修復する私)」が大ヒットしてからというもの、故宮の文化財修復職員は瞬く間に「ネット上の人気職業」となった。故宮博物院故宮学院の単霽翔(シャン・ジーシアン)院長は10日、北京でテーマ講演し、「故宮の文化財修復職員募集に応募する若者がこの4年間で急増しており、今年は88人の新人職員募集に対して、4万人あまりが応募した」と紹介した。

【その他の写真】

単院長によると、ネットワーク時代の絶え間ない発展にともない、故宮自身も5G時代を迎えることになり、故宮と華為(ファーウェイ)は「5G故宮」を共同で建設する目的で、すでに戦略協力協議を締結したという。

「5G故宮」は、次の2項目を目標として掲げている。
1.あらゆる可動文化財と非可動文化財に対する厳しい監視コントロールを実施。
2.来場者に対するサービスとして、数カ月以内に、故宮を訪れた来場者は、携帯端末を開けば、その日の展示物や展示内容に関する情報をすぐ得ることができるようにする。

また、単院長は、「1月から3月は、故宮のオフシーズンだが、1日あたりの来場者数は延べ8万人を上回り、かつ、その50%以上が30歳以上の若者だった。私は、このような情勢は、博物館としてあるべき姿だと思っている」との見方を示した。

単院長によると、ドキュメンタリー番組「我在故宮修文物」がヒットして以来、故宮で文化財修復の仕事に就くことを希望する若者が急増しており、多くの若者が応募することで、100年を誇る故宮博物院の歴史にフレッシュな血が注ぎ込まれたという。「故宮は今年、88人の新人修復職員を募集したところ、4万人余りが応募した。厳しい審査を経て、有名大学の大学院修士課程卒業以上の1万7千人が採用試験に臨んだ」と院長は説明した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月16日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。