三菱ガス化学が江蘇省子会社の合弁化を取りやめ完全子会社として増資、その他

三菱ガス化学が江蘇省子会社の合弁化を取りやめ完全子会社として増資、その他
三菱ガス化学は江蘇省子会社の増資について、中国企業との合弁化を取りやめ、自社のみで増資することを決めた。写真は子会社がある江蘇省泰興市の街角で撮影。(Record China)
三菱ガス化学が江蘇省子会社の合弁化を取りやめ / マツモトキヨシが香港で展開へ / 阪急阪神百貨店が初の「ウィーチャットペイスマート旗艦百貨店」に / 宇部興産が中国などでの需要増背景にタイで生産力増強 / 「popIn Discovery Global」の広告配信エリアに中国など追加へ

三菱ガス化学、江蘇省子会社の合弁化を取り消し完全子会社として増資

三菱ガス化学は江蘇省の子会社の増資計画を変更した。中国企業との合弁化を取りやめ、自社だけで増資し、完全子会社体制を維持する。16日付で発表した。

対象は泰興菱蘇機能新材料で所在地は江蘇省泰興市。過酸化水素や化学研磨液の製造販売をしている。設立は2018年12月で、19年3月末時点の資本金は約2900万ドル(約31億円)、三菱ガス化学の全額出資。

増資について当初は、20年9月末に資本金を約4000万ドルにし、出資比率は三菱ガス化学が89%、江蘇蘇化集団が11%出資する予定だった。予定を変更し、三菱ガス化学が増資をすべて引き受けることになった。増資後の資本金は約4000万ドルと変わらないが、時期は21年初を予定する。

マツモトキヨシが香港でドラッグストア事業展開へ

マツモトキヨシは16日、香港でドラッグストアを開発・運営するための事業推進を目的として、現地法人を開設すると発表した。

海外調査を目的に2007年に設立されたマツモトキヨシ香港の全株式を取得して子会社化する形を取る。マツモトキヨシ香港の資本金は1000香港ドル(約1万4000円)で、マツモトキヨシの松本清雄社長が全株式を保有する。マツモトキヨシによる株式取得は7月末を予定する。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。