中国東方航空の機内で急病人発生、燃料投棄し成田空港に緊急着陸―中国メディア

中国東方航空の機内で急病人発生、燃料投棄し成田空港に緊急着陸―中国メディア
上海からニューヨークに向かっていた中国東方航空のMU587便で16日、急病人が発生したため、同便はオホーツク海上空で45トン分の燃料を機外へ放出し、成田空港に緊急着陸した。(Record China)
2019年7月17日、中国のニュースサイトの東方網によると、上海からニューヨークに向かっていた中国東方航空のMU587便で16日、急病人が発生したため、同便はオホーツク海上空で45トン分の燃料を機外へ放出し、成田空港に緊急着陸した。

【その他の写真】

吐血するなどした男性乗客(63)は着陸後、病院に搬送された。命に別状はないという。

航空機は着陸時の最大重量が定められている。特に長距離を飛行する国際線では、離陸時燃料満タンの状態の重量は着陸時の最大重量を大きく上回っている。そのため緊急着陸する際は、重量を減らすため燃料を機外へ投棄するという。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月17日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。