日韓貿易紛争の中国への影響は?―中国メディア

日韓貿易紛争の中国への影響は?―中国メディア
日本と韓国の紛争は中国産業界にとって「危機」でもあれば、「チャンス」でもある。資料写真。(Record China)
日本と韓国の紛争は中国産業界にとって「危機」でもあれば、「チャンス」でもある。環球時報が伝えた。

フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光剤)。この3品目はあまり知られていない材料だが、1000億ドル規模の市場を動かしている。日本が今月4日から3品目の韓国向け輸出規制を強化すると発表すると、韓国産業界のみならず世界の供給チェーンに懸念が広がった。日本経済新聞の15日付報道によると、日韓間の紛争は韓国半導体産業に供給が滞るリスクをもたらすとともに、中国企業へも影響を与える可能性があるという。

日中韓は1本の産業チェーンの上にいる


グローバル化が進む昨今、1つの商品の生産には複数の国が関わっていることが多い。メモリ(RAM)や有機ELディスプレーなどはこうした国際分業システムの代表的製品だ。日本企業(中国)研究院の陳言(チェン・イエン)執行院長が15日に取材に答えて述べたところによると、「こうした分野では、日中韓の間には比較優位性に基づいた産業チェーンの分業システムが存在する。日本は半導体と有機ELの材料を製造して韓国に輸出し、韓国は半導体と有機ELの製品を中国に輸出し、中国は再加工して携帯電話やテレビなどの製品を製造して世界に販売する」という。

米国の科学技術メディアのテッククランチの最近の報道では、韓国サムスンはメモリチップ(DRAM)とNAND型フラッシュメモリの最大のメーカーであり、世界シェアは40%と35%に達する。別の韓国企業のSKハイニックスは世界2位のDRAMメーカーで、市場シェアは31%に上る。有機ELの製造分野では、サムスンと他の韓国企業が業界トップの位置にいる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月17日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。