引退した安室奈美恵とのコラボも話題 ジョリン・ツァイがデビュー20周年

記事まとめ

  • 17日、デビューから20周年を迎えたジョリン・ツァイが、Facebookでその心境やファンへの感謝を綴った。
  • 2014年には安室奈美恵とのコラボ曲を発表、昨年は引退前の安室のライブに招かれ、出演もした。
  • 今後については「もっと勇敢に、もっと私らしく」と抱負を述べている。

引退した安室奈美恵とのコラボも話題、女性歌手ジョリン・ツァイがデビュー20周年

引退した安室奈美恵とのコラボも話題、女性歌手ジョリン・ツァイがデビュー20周年
17日、デビューからちょうど20年目を迎えた台湾の女性歌手ジョリン・ツァイが、フェイスブックを通じてその心境とファンへの感謝の気持ちを示している。(Record China)
2019年7月17日、デビューからちょうど20年目を迎えた台湾の女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)が、フェイスブックを通じてその心境とファンへの感謝の気持ちを示している。

【その他の写真】

歌手のジョリン・ツァイは18歳だった1999年7月16日、ファーストシングル「和世界做隣居」でデビュー。「少男殺手(少年キラー)」のキャッチフレーズが示す通り、アイドルとして一躍人気を獲得した。17日、前日にデビュー20周年を迎えたジョリン・ツァイがフェイスブックで、「今になって、昨日がどういう日だったかやっと気づいた」と綴り、記念日を迎えての長文メッセージを公開した。

20周年を迎えて、SNSなどでファンが公開した昔の映像などを見たというジョリン・ツァイは、「恥ずかしくて、穴があったら入りたい」と心境を告白。また、「芸能界には向かない醜いアヒルの子が、どれほど大勢の人を恐れさせたことか」と、昔の未熟だった自分や、支えてくれた人の努力について回顧する言葉も。節目の年を迎えて今後の自分については、「もっと勇敢に、もっと自分らしく」との抱負も述べている。

14年に安室奈美恵と楽曲「I’m Not Yours (Feat. Namie Amuro) 」でコラボし、引退を前に安室奈美恵が昨年9月、沖縄で開催したライブにも招待され、出演したことは台湾だけでなく日本でも話題に。先月行われた“台湾版グラミー賞”の金曲奨では、年度アルバム賞と最優秀年度歌曲奨を受賞し、名実共に台湾を代表する女性歌手として認められている。(Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月18日の韓流記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。