中国の対外投資が累計5.5兆円以上に―中国メディア

中国の対外投資が累計5.5兆円以上に―中国メディア
1-6月、中国国内の投資企業が世界151の国と地域の企業3582社に対し行った非金融類の直接投資は累計で3468億元に達し、前年同期比で0.1%増加した。資料写真。(Record China)
中国商務部対外投資・経済協力司の責任者が16日に行った説明によると、1-6月、中国国内の投資企業が世界151の国と地域の企業3582社に対し行った非金融類の直接投資は累計で3468億元(約5兆5400億円)に達し、前年同期比で0.1%増加した。6月当月の対外直接投資は637億3000万元(約1兆200億円)で、前年同期比6.3%増となった。人民日報海外版が伝えた。

上半期、中国の対外投資協力は安定して健全な発展を維持した。その特徴としては以下の点が挙げられる。

(1)「一帯一路(the Belt and Road)」参加国に対する投資協力が積極的に推進。1-6月、中国企業の「一帯一路」沿線51カ国に対する新規投資は合計68億ドルで、同期総額の12.6%を占めた。

(2)クロスボーダーな合併買収が着実に増加。1-6月、中国企業が実施したクロスボーダーな合併買収は161件で、実行ベースの取引総額は169億5千万ドル、うち直接投資は92億2千万ドルだった。

(3)対外投資構造が引き続き最適化。1-6月、対外投資の主な対象はリース・ビジネスサービス業や製造業、卸売小売業、採鉱業、情報伝送/ソフトウェア・ITサービス業などの分野だった。

(4)対外請負工事の大型プロジェクトが多く、現地の発展をけん引し、互恵とウィンウィンを実現。

1-6月、関連主管部門が新規設立や合併買収の手続きを行った対外投資企業は2440社で、中国側の投資契約金額は495億ドルだった。増資類の手続きを行った対外投資企業は613社で、中国側の投資契約金額は140億1000万ドルだった。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 一帯一路 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月18日の中国記事

「一帯一路 + 日本」のおすすめ記事

「一帯一路 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。