インスタントラーメン消費量で中国が世界一に=「インスタントラーメンの欠点は…」―中国ネット

インスタントラーメン消費量で中国が世界一に=「インスタントラーメンの欠点は…」―中国ネット
19日、中国新聞周刊は、インスタントラーメン消費量で中国が世界一だと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のインスタントラーメン。(Record China)
2019年7月19日、中国新聞周刊は、インスタントラーメン消費量で中国が世界一になったと伝えた。

記事は、「コンサルティング会社が17日発表した『インスタントラーメン業界分析と展望報告』で、18年に世界中で約1036億食のインスタントラーメンが消費され、このうち中国が約402億5000万食で、圧倒的な世界第1位となった。2位はインドネシア、3位はインドだった」と紹介した。1人当たりの年間消費量は世界全体では13.6食。中国人は29食だったが、最多は韓国人の74.6食だったという。

これに対し、中国のネットユーザーから「ここ数年でフードデリバリーがここまで発達していなかったら、数字はもっと高かったと思う」「まあ中国人は十数億人いるからね」「14億人もいたら1位にならない方がおかしい」などのコメントが寄せられた。

また、「中国はまだまだ貧しいということ」「中国人は忙し過ぎるということだろう」などと分析する意見や、「インスタントラーメンの方がフードデリバリーより衛生的」「私は1カ月で29食を食べています」「インスタントラーメンの欠点は1袋では足りないことだな。2袋食べてようやくお腹いっぱいになる」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月19日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。