京アニ放火事件、アニメ界の損失は?―中国メディア

京アニ放火事件、アニメ界の損失は?―中国メディア
優しさと美しさにあふれる世界を作りだしてきた日本のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)が、この世で最も過酷かつ凄惨な一幕を迎えた。写真は京都アニメーション(資料写真)。(Record China)
優しさと美しさにあふれる世界を作りだしてきた日本のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)が、この世で最も過酷かつ凄惨な一幕を迎えた。いつもと同じようにアニメーションの夢を紡ぎ出そうと頑張っていた当たり前の水曜日は、突如起こった火の手により当たり前の一日ではなくなった。18日午前10時35分、爆発音とともに、周囲は黒い煙に包まれ、3階建てのベージュ色をした建物から煙がもくもくと立ち上った。北京商報が伝えた。

炎が飲み込んだのは日本アニメ界の伝説、京都アニメーションのスタジオだ。増え続ける死者の数を前に、見守る人々の間には絶望が広がっていった。火は5時間後に消し止められたが、延面積700平方メートルの建物は全焼した。

京都府警の話によると、火災発生時、スタジオでは70人以上が働いていた。これまでに33人の死亡・重体と数十人の負傷が確認されている。日本の警察庁によれば、今回の事件は平成以降で放火による被害者の数が最多だという。数多くの貴重なアニメの原画やデータも一緒に燃えてしまい、損失は計り知れない。京アニのホームページの情報では、今年3月現在、従業員は165人、平均年齢は33.6歳、平均勤続年数は9.6年という。

戦慄が走ったのは火災の原因だ。京都府警の発表によると、41歳の男が現場でガソリンのようなものをまいたという。近所の人の話によれば、放火の疑いで警察官に身柄を拘束された男は、「どうしてこんなことをした?」とたずねる警察官に対し、「パクりやがって」などと言っていたという。男も顔と胸にやけどしており、京都市内の病院に運ばれた。男は京アニの従業員ではなく、かつて働いていたこともないという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月20日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。