韓国「日本側が国際法に違反し、人権を侵犯していた」―中国メディア

韓国「日本側が国際法に違反し、人権を侵犯していた」―中国メディア
韓国大統領府は19日、日本の外務大臣が同日駐日韓国大使を呼んで会見した件について、「国際法に違反する行為をしているのは日本側であり、韓国と日本は外交ルートを通じて双方の対立を解決するべきだ」とした。(Record China)
韓国大統領府は19日、日本の外務大臣が同日駐日韓国大使を呼んで会見した件について、「国際法に違反する行為をしているのは日本側であり、韓国と日本は外交ルートを通じて双方の対立を解決するべきだ」とした。新華社が伝えた。

大統領府国家安保室の金鉉宗第2次長は、「日本側が当時労働者を強制徴用した行為は国際法に違反し、人権を侵犯していた」と述べ、「韓国の最高裁判所はすでに『韓日請求権協定』に日本の労働者強制徴用という反人道的な犯罪行為と人権を侵犯した行為は含まれないという判断を示しており、韓国政府は司法の判断に干渉することはできない」と強調した。

また金第2次長は、「韓国側は外交ルートを通じて徴用工賠償関連問題を解決することを望んでおり、韓国側はすべての建設的提案に対しオープンな態度で接する」とし、日本側に対し対韓輸出規制措置を解除し、情勢をさらに悪化させるような言論と行動を抑制するよう呼びかけた。

さらに金第2次長は、「日本側は一貫して第3国メンバーを含む仲裁委員会を設置して『日韓請求権協定』に関する紛争を仲裁することを主張しているが、日本側の一方的に『期限』を決めるやり方に、韓国側は終始同意していない。同時に、韓国側は仲裁では根本的な問題解決は難しいと考えている。仲裁手続きを進める過程で、両国の国民間で『敵視』感情がますます高まるとみられ、こうした感情も両国が未来志向の2国間関係を発展させる上で悪影響をもたらすだろう」とした。(提供/人民網日本語版・編集AK)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国政府 アイドル
  2. 韓国政府 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月21日の中国記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。