日本は大都市の人口圧力をどのように緩和してきたか―中国

日本は大都市の人口圧力をどのように緩和してきたか―中国
日本は高度成長期に、大量の人口が都市に移動し、交通渋滞や居住環境の悪化、公共施設の整備が追いつかないなど、様々な問題が生じた。こうした「大都市病」への対処で、日本には成功体験もあるが、いまなお克服できない問題もある。写真は新元号発表時の新橋。(Record China)
日本は高度成長期に、大量の人口が都市に移動し、交通渋滞や居住環境の悪化、公共施設の整備が追いつかないなど、様々な問題が生じた。こうした「大都市病」への対処で、日本には成功体験もあるが、いまなお克服できない問題もある。経済参考報が伝えた。

日本は戸籍による居住地域の制限がないため、人々は自由に移動して好きな場所に住める。例えば、仙台の出身者が東京へ行って働き、生活しようと思った場合、東京で部屋を借りた後、期限内に転居と転入の手続きをするだけで、住民票の住所変更は終わり、東京の住民になれる。以降は東京で税金を払い、選挙の投票をし、東京の公共サービスを利用することができる。東京出身者だけへのサービスというものはなく、東京で働いて生活すれば誰でも東京都民になることができ、戸籍証明などは不要だ。

より多くの雇用機会とより高い収入を求めて、人々は次々に大都市へ向かう。東京圏はピーク期には流入人口が毎年40万人近くに上った。1950年代中頃には、大量の人口が持続的に流入したため、東京をはじめとする大都市が急速に膨張して、生活環境や交通状況が急激に悪化し、大都市の弊害が顕在化した。

産業や人口が大都市に極端に集中して、都市機能の混乱を招くことを避けるため、日本は1956年に「首都圏整備法」を制定し、東京の範囲を拡大して、首都圏の概念を打ち出し、地域を確定して、人口増加を招く可能性のある工場や大学の新たな建設や拡張を厳格に制限した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月21日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。