中国、フォーチュン・グローバル500入り企業数で初めて米国抜く―中国紙

中国、フォーチュン・グローバル500入り企業数で初めて米国抜く―中国紙
23日、中国国営新華社系の経済専門紙、経済参考報は、米経済誌フォーチュンが毎年発表している世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」の2019年版にランクインした企業数で、中国が初めて米国を抜いたと報じた。資料写真。(Record China)
2019年7月23日、中国国営新華社系の経済専門紙、経済参考報は、米経済誌フォーチュンが毎年発表している世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」の2019年版にランクインした企業数で、中国が初めて米国を抜いたと報じた。

フォーチュン・グローバル500は、世界中の企業を総収益を基準に順位付けしたもの。

19年版で「500強」入りした企業数は、中国が129社、米国は121社だった。

トップは米小売大手ウォルマート。上位5社に中国企業が3社入り、中国石油化工が2位、中国石油天然気が4位、中国国家電網が5位。3位には英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが入った。

「500強」入りした中国企業のうち77社が前年より順位を上げた。またエアコン大手のグリー・エレクトリック(格力電器、414位)や総合家電メーカーのシャオミ(小米科技、468位)など中国から13社が新規にランクインした。10年創業のシャオミは最も若い企業として「500強」入りした。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月23日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。