日本アニメ産業にはなぜ「京アニ」が必要か―中国メディア

日本アニメ産業にはなぜ「京アニ」が必要か―中国メディア
7月19日、京都市伏見区桃山町にある3階建ての建物の前は花で埋め尽くされ、道行く人が立ち止まって手を合わせたり、黙祷を捧げたりしていた。(Record China)
7月19日、京都市伏見区桃山町にある3階建ての建物の前は花で埋め尽くされ、道行く人が立ち止まって手を合わせたり、黙祷を捧げたりしていた。この建物は京都アニメーションの第1スタジオで、これまで10年間にわたり、アニメファンから親しみを込めて「京アニ」のスタジオと呼ばれ、日本のテレビアニメを代表する最高水準のアニメ作品を数多く世に送り出してきた。中国文化報が伝えた。

【その他の写真】

繁栄する業界と零落する担い手


今回の放火事件がなければ、今は日本のアニメが最も輝いている時期だと言えた。

6月21日、「新世紀エヴァンゲリオン」改訂版全26話、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版Air/まごころを、君に」、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版DEATH」が米国のネットフリックスで配信され、日本のアニメ史で画期的な意義をもつこの作品が誕生から24年を経て世界の多くの国をカバーする動画配信プラットフォームについに進出した。業界ではこれによって日本アニメの国際的影響力が新たな頂へ押し上げられることになると期待されている。これと前後して、宮崎駿監督の名作アニメ「千と千尋の神隠し」が再びスクリーンに登場し、大勢の日本アニメファンは改めて日本アニメへの思いを熱くした。

日本アニメが世界の文化において奇跡を生み出してきたことに疑問の余地はない。1990年代には、ピカチュウが世界を席巻し、一世代の人々の生活を大きく変えた。世紀が変わり、日本アニメは世界的にブームを巻き起こし、名作アニメは一世代の人々と一緒に成長して共通の記憶になった。2002年から17年にかけて、日本アニメ産業の規模は2倍に拡大し、生産額は190億ドルを突破し、日本アニメはアニメ界の基準とモデルになり、日本の最も代表的で影響力をもった文化的シンボルにさえなった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年7月24日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら