草原の「天眼」、太陽フレアの前兆の研究に進展―中国メディア

草原の「天眼」、太陽フレアの前兆の研究に進展―中国メディア
中国科学院国家天文台明安図観測基地が7月30日に明らかにしたところによると、科学研究者は太陽フレアの前兆の研究で新たな成果を上げた。(Record China)
中国科学院国家天文台明安図観測基地が7月30日に明らかにしたところによると、科学研究者は太陽フレアの前兆の研究で新たな成果を上げた。研究者らはフレアが爆発する前に、太陽活動エリア周辺の紫外線熱放射に脈動の現象が存在し、フレア期間の爆発源の脈動現象との間に強い物理的関係を持つことを発見した。この成果はこのほどすでに、米国の世界一流の学術誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載されている。新華社が伝えた。

【その他の写真】

草原の「天眼」と呼ばれる明安図電波ヘリオグラフは2014年12月17日、M級の太陽フレアを記録した。同設備はセンチメートル・デシメートル周波数帯で初めて「CTスキャン」に似た機能を実現した。それは、太陽の表側のすべてのパラメータにおける同時多層的観測だった。太陽フレアエネルギー初期放出エリアの高分解能電波イメージング観測は世界初となった。これにより科学研究者は同周波数帯の太陽フレアを全面的に研究できるようになった。

中国科学院国家天文台の譚宝林研究員は「データ量が巨大なため、データの詳細な校正と正確な分析により、これらの成果を最近上げることができた。太陽フレアの過程におけるエネルギー放出は通常、フレア源以外の場所の熱活動とは関係がないとされていたが、科学研究者は、フレアの非熱エネルギー放出は、フレア源から遠く離れた活動エリア周辺の熱過程との間に、密接な物理的関係を持つことを発見した」と述べた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月3日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。