「羊の串焼き、串なしで!」上海のごみ分別厳格化で出前注文に変化―中国メディア

「羊の串焼き、串なしで!」上海のごみ分別厳格化で出前注文に変化―中国メディア
上海市では、7月から正式にごみ分別が実施されている。3億5800万人のフードデリバリーユーザーを抱える中国では、「フードデリバリーごみ」が都市の生活ごみのうち重要な構成部分となっている。資料写真。(Record China)
上海市では、7月から正式にごみ分別が実施されている。3億5800万人のフードデリバリーユーザーを抱える中国では、「フードデリバリーごみ」が都市の生活ごみのうち重要な構成部分となっているため、ごみ分別の成否のカギを握る戦いの場にもなっている。以前、あるネットユーザーは「ごみ分別でフードデリバリーが減る」としていたが、フードデリバリー大手の餓了?(Eleme)と美団の提供したデータを見るかぎり、そのような現象はみられない。特に今の季節のサウナに入っているような酷暑には、外食や自炊よりフードデリバリーを頼むほうが便利だ。だが喜ばしいことに、ごみ分別は人々のフードデリバリーを頼む習慣までも変えつつある。

最も直観的にそれが感じられるのは、「食器は不要」というコメントのついた注文が急増していることだ。報道によると、餓了?のビッグデータでは、上海でごみ分別新規定が施行されて以来、7月1-24日の食器不要の受注は前月比で476%増えた。美団のデータでは、上海で7月にユーザーが自ら食器は不要だとした注文数は6月より4倍以上も多かったという。

興味深いのは、自ら食器不要とする以外にも、「どうやってフードデリバリーを頼めば面倒が減るか」について頭を使うようになっている点だ。たとえば、一般的にフードデリバリーの残飯は生ごみにあたる「水分を含んだごみ」の回収ボックスに捨てなければならず、デリバリー用プラスチック容器は「乾燥ごみ」となる。現在、多くのユーザーは注文時に、わざわざ「スープは少な目に」や「タピオカミルクティーのタピオカは10粒だけにして」、「羊肉の串焼きは串なしで」とコメントするようになっている。こうすれば、乾燥ごみと水分を含んだごみの分別が楽になるだけでなく、食品ロスを減らし、最初の段階からごみの発生を減らすことができるからだ。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月4日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。