ヤマトが中国でEC事業向け自動搬送ロボット活用の物流サービス、その他

ヤマトが中国でEC事業向け自動搬送ロボット活用の物流サービス、その他
ヤマトホールディングス傘下の雅瑪多国際物流は、上海ロジセンターに自動搬送ロボットを導入し、EC事業を行っている企業向けの物流サービス提供を開始した。繁忙期にも問題の出がちな増員なしで対応できるという。写真はEC通販大手の京東(ジンドン)の仕分け風景。(Record China)
ヤマト、中国でEC事業向け自動搬送ロボット活用の物流サービス / オリコと栃木銀行がアリペイ導入業者拡大で提携

ヤマトHDグループ、中国でEC事業向け自動搬送ロボット活用の物流サービス

ヤマトホールディングス傘下の雅瑪多国際物流(本社・広東省広州市、YIL)は、ロジザード・グループの龍騎士供応鏈科技(上海)(上海ロジザード)と連携して、上海ロジセンターに自動搬送ロボット(AGV)を導入し、主に中国でEC事業を行っている企業向けの物流サービス提供を開始した。ヤマトホールディングスが2019年8月16日付で発表した。

中国ではeコマースが急激に拡大している。キャンペーン実施時などの繁忙期には増員により出荷業務をこなしているが、一時的な人員では作業品質の維持が難しくなり、人件費高騰や人員不足といった問題も生じている。

YILはこれらの課題に対応するため、上海ロジザードが中国企業にOEMとして提供するWMS「e-倉管」と、北京極智嘉科技(本社・北京市)のAGVを導入した。作業の大半を占める商品のピッキング作業と、入荷時に商品を保管棚へ運搬・格納する作業を自動化したことで、作業効率が従来比3倍になった。急な出荷増への対応や、キャンペーンなどによる物流増に対し、人員を新たに雇用せずに高品質な物流サービスの提供が可能になったという。

オリコと栃木銀行、インバウンド対応強化のためのアリペイ導入業者拡大で提携

オリエントコーポ―レーションは16日、インバウンドド対応強化を目的に、アリペイ導入業者を拡大するための業務提携を行うと発表した。同日付で開始する。

栃木銀行はみずほ銀行が3月1日にサービス提供を始めたQRコード決済「J-Coin Pay」加盟店を開拓している。加盟する事業者にアリペイ決済の希望があれば、オリコに紹介する。オリコは紹介された業者にアリペイ決済のインフラを提供する。オリコは栃木銀行との協業により、地域企業の決済サービスの環境整備を行い、キャッシュレス化の促進を通じて地方創生に貢献する考えを示した。(翻訳・編集/如月隼人)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広州 事件
  2. 広州 観光
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月17日の中国記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事をもっと見る

「広州 + 観光」のおすすめ記事

「広州 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。