北京、外資コンビニ50店以上が年内に新規開店―中国メディア

北京、外資コンビニ50店以上が年内に新規開店―中国メディア
北京市は15日、「サービス業拡大開放総合試行点・重点領域開放改革3年行動計画」に関する記者会見を開催した。資料写真。(Record China)
北京市は15日、「サービス業拡大開放総合試行点・重点領域開放改革3年行動計画」に関する記者会見を開催した。北京市は、記者会見において、科学技術・インターネット情報・金融・教育・文化観光・医療高齢者事業・専門サービス、総合領域など計8つの3年行動計画を発表、190項目にのぼる開放・革新措置を打ち出した。

北京市は、「商務サービス、交通運輸、建築サービスなどの領域における開放改革3年行動計画」において、外資系コンビニエンスストアの北京での新規店舗オープンを支持する方針を打ち出した。政策面での支援とサービスを強化し、2019年末までに、有名外資系コンビニが北京で50店舗以上新たにオープンするよう推進する。

このほか北京市は、全市規模で、コンビニ(無人スーパーやコンテナ型スマートコンビニなどの新業態を含む)において、薬品や書籍新聞などの販売試行に着手すると同時に、無人スーパー(コンビニ)とコンテナ型スマートコンビニなどの新業態の革新・発展を推進し、無人スーパー(コンビニ)など新業態に対する監督管理業務を展開していく。(提供/人民網日本語版・編集KM)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月20日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。