長江三峡の「雲の上の空港」が正式に運行開始―中国

長江三峡の「雲の上の空港」が正式に運行開始―中国
重慶江北国際空港を飛び立った華夏航空G52685便が16日、重慶市の巫山空港に着陸し、「雲の上の空港」と呼ばれる巫山空港が正式に運用を開始した。(Record China)
重慶江北国際空港を飛び立った華夏航空G52685便が16日、重慶市の巫山空港に着陸し、「雲の上の空港」と呼ばれる巫山空港が正式に運用を開始した。

【その他の写真】

巫山空港は巫山県の県城(県人民政府所在地)から15キロ離れた海抜1771.48メートルの場所にあり、現在重慶市で海抜が最も高い場所にある民用空港である。空港の運用開始後、華夏航空が運航する重慶-巫山路線が就航する。今年さらに東方航空が運航する煙台発巫山経由重慶行きの路線、南方航空が運航する巫山-広州路線も就航する予定となっている。 新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集AK)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月20日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。