中国の地域発展の格差、70年間で縮小―中国国家統計局

中国の地域発展の格差、70年間で縮小―中国国家統計局
中国国家統計局は19日、新中国成立後の70年間にわたる経済社会発展成果に関する報告を発表した。資料写真。(Record China)
中国国家統計局は19日、新中国成立後の70年間にわたる経済社会発展成果に関する報告を発表した。報告によると、この70年間で中国の地域経済の発展は急速に進み、発展の格差が縮む勢いを呈していることが分かった。

地域発展戦略の実施に伴い、各地域の経済規模は絶え間なく拡大している。1952年、東部、中部、西部、北東部の域内総生産は、それぞれ257億元、146億元、127億元、84億元だったが、1978年には1514億元、750億元、726億元、486億元にまで増加し、いずれも新中国設立初期に比べ大幅な伸びを実現した。

中国共産党の十八大(第十八回全国人民代表大会)以降も地域経済は依然として急速な発展スピードを維持しており、2018年の東部、中部、西部、北東部の域内総生産はそれぞれ48兆1000億元、19兆3000億元、18兆4000億元、5兆7000億元に達したという。

中国はこの70年間、地域発展の格差が「縮小して拡大し、また縮小する」という変化のプロセスを経験した。(提供/環球網・編集/黄テイ)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月22日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。