黄色いバラのように見える新種の白菜、ビタミンが豊富―中国メディア

黄色いバラのように見える新種の白菜、ビタミンが豊富―中国メディア
南京農業大学の侯喜林教授の研究チームは、全体的に黄色いバラのように見える白菜の品種を育成した。(Record China)
南京農業大学の侯喜林(ホウ・シーリン)教授の研究チームは、全体的に黄色いバラのように見える白菜の品種を育成した。葉の色は黄緑色で、ビタミンCが豊富だ。さらに葉カビ病や黒斑病などの複数の野菜の「難病」を効果的に防ぐことができ、氷点下9.6度の真冬でもすくすく成長する。また、2~6度の低温環境の場合、気温が低いほど葉が黄色くなり、カロチンが豊富になる。科技日報が伝えた。

侯氏によると、この白菜の種子のコーティングは、独自開発した天然コーティング剤を使用しており、発芽率を100%に高めている。3日内の発芽率は99.6%で、国の最低発芽率基準を14.6ポイント上回っている。コーティングされた種子は元の形状を維持できるだけでなく、環境の変化や病気に対しても明らかに強くなる。発芽のペースが上がり、生産量が拡大する。

この新型コーティング技術は作物のデンプンで膜を作る。イニシエーターはビタミンCで、殺虫・殺菌剤はマトリン。包装には先進的なUVコーディング設備を使用し、すべての袋詰の種子に2次元コードを与える。これにより2次元コード情報の偽造防止とトレーサビリティーを実現し、すべての袋に個別のコードを付与することになる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月23日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら