中国の観客の好みに変化、どの時期にどんなジャンルの映画を見ている?―中国メディア

中国の観客の好みに変化、どの時期にどんなジャンルの映画を見ている?―中国メディア
中国の映画の興行収入は2012年に171億元(約2565億円)に達し、それから6年の間に500億元(約7500億円)の大台を突破するまでになった。興行収入が急速に増えている背景で、中国の映画観客の消費行動や好みも変化している。(Record China)
中国の映画の興行収入は2012年に171億元(約2565億円)に達し、それから6年の間に500億元(約7500億円)の大台を突破するまでになった。興行収入が急速に増えている背景で、中国の映画観客の消費行動や好みも変化している。新華網が伝えた。

【その他の写真】

いろんなジャンルがミックスした映画が主流に


テレビのほか、インターネットなどのメディアも普及し、映画は熾烈な競争を強いられるようになっている。そのため、単一的なジャンルの映画では観客のニーズを満たすことはできず、さまざまなジャンルのミックスが今の映画の主流になっている。

例えば、「僕はチャイナタウンの名探偵(原題:唐人街探案)」は、コメディー、アクション、探偵、サスペンスなどのジャンルがミックスされており、「モンスターハント(原題:捉妖記)」はアクション、コメディー、ファンタジーのミックス、「アベンジャーズ」シリーズは、SF、ファンタジー、アクション、冒険、コメディーのミックスだ。子供向けのアニメ映画でも、「熊出没」などはコメディー、アクション、探検などの要素がミックスされている。

このようにジャンルミックスが進む中で、中国ではコメディー映画やアクション映画が近年最も人気のジャンルとなっており、ファンタジーや冒険などがそれに続いている。

洋画よりも中国国産映画が優勢に


中国国産映画と洋画は以前から熾烈な競争を繰り広げてきた。映画チケット情報プラットフォーム「猫眼」のデータによると、14~18年の興行収入トップ10位の作品を見ると、中国国産映画が計29作品入り、その興行収入は合わせて532億7700万元(約7991億5500万円)に達している。一方、洋画は21作品で、興行収入は合わせて315億3100万元(約4729億6500万円)だ。つまり、ここ5年のデータを見ると、数の面でも興行収入の面でも、中国国産映画が洋画を上回ったということだ。興行収入が全体に占める割合は、中国国産映画が63.5%であるのに対して、洋画は36.5%だ。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月23日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら