夏休みスタディーツアー消費額平均13万円、親は理性的に―中国

夏休みスタディーツアー消費額平均13万円、親は理性的に―中国
携程のスタディーツアープラットフォームのデータでは、2019年の夏休みシーズンのスタディーツアー1回1人あたりの平均消費額は8641元に上り、前年同期比4.3%低下した。写真は中国の親子。(Record China)
携程旅行網がこのほど発表した「2019年夏休みスタディーツアー勘定書」によると、携程のスタディーツアープラットフォームのデータでは、2019年の夏休みシーズンのスタディーツアー1回1人あたりの平均消費額は8641元(約13万円)に上り、前年同期比4.3%低下した。世帯平均は2万2000元(約33万円)で、同2.1%増加した。注目されるのは、広州市の個人平均消費額が全国トップだったものの、スタディツアーの選択にあたり親たちの消費観念がますます理性的になったことだ。南方日報が伝えた。

広州のスタディーツアー平均消費額は1万元超、全国でトップ


同プラットフォームが発表した「2019年夏休みスタディーツアー消費ランキング」は、全国の主要なスタディーツアー出発都市15カ所の今年夏休みシーズンの消費額の統計をまとめたものだ。それによると、広州市の個人平均消費額は1万1963元で全国トップとなり、以下、北京の1万380元、上海の9830元が続く。K段階(幼稚園から義務教育まで)の子どものスタディーツアー消費額は、年齢が上がるにつれて上昇する。学校の区切りごとの消費額をみると、小学生は珠海市が5963元でトップ、中学生は上海市が1万2263元でトップ、高校生は広州市が2万852元でトップだった。全国平均収入をみると、スタディーツアー消費額は確かに少なくはない。しかし「勘定書」には5万元というケースもあり、それに比べればかなり少ないといえる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月24日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら