上海高島屋が清算を中止・営業を継続、その他

上海高島屋が清算を中止・営業を継続、その他
高島屋は、6月25日付で発表していた上海高島屋百科有限公司の清算を中止することに決めた。家主からの支援及び地元の上海市長寧区の協力によって事業採算性が大きく高まる目途が立ったとした。写真は上海高島屋店舗。(Record China)
上海高島屋が清算を中止・営業を継続 / ローソンが瀋陽市に進出、2021年までに150店舗以上を目指す / エイベックスがチャイナ・モバイル傘下の音楽配信プラットフォームに約3万曲を提供 / 洋菓子のヨックモック、香港5号店が26日にオープン予定 / 山東緑葉製薬のうつ病治療薬が日本で臨床試験へ

上海高島屋が清算を中止・店舗営業を継続

高島屋は、6月25日付で発表していた上海高島屋百科有限公司の清算を中止することに決めた。当初閉店を予定していた8月25日以降も営業を継続する。2019年8月23日付で発表した。

6月25日時点では、業態間競争の激化や隣地商業開発の遅延と変更により黒字化できなかったことや、米中貿易摩擦の長期化による経済の停滞、個人消費の落ち込みなどにより、改善が見込めないと判断して法人を清算すると発表していた。その後、家主からの支援及び地元の上海市長寧区の協力によって事業採算性が大きく高まる目途が立ったとして、清算を中止し営業を続けることにした。

ローソンが遼寧省瀋陽市に進出、2021年までに同市で150店舗以上の出店目指す

ローソンは23日、遼寧省瀋陽市で29日に3店舗を開店すると発表した。同市での日系コンビニ出店は初めて。

現地で物流、食品卸の事業を展開する瀋陽副食集団傘下の瀋陽東副超市とローソンが設立した合弁会社の羅森(瀋陽)便利が運営会社。ローソンは2021年までに、瀋陽市に150店舗以上出展することを目指す。ローソンは1996年に上海ローソンを設立することで中国に進出。2014年からは各都市で現地子会社とメガフランチャイズ契約を推進し、店舗数の拡大を加速している。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年8月24日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら