中国版の「深夜食堂」が全くウケないその訳は?―中国メディア

中国版の「深夜食堂」が全くウケないその訳は?―中国メディア
中国映画・ドラマではリメーク作品ゆえに却って失敗するということもしばしばだが、中国版「深夜食堂」の「失敗」は、リメークの過程で問題があったというよりは、食文化やナイトライフ、情感といった面で中国と日本には大きな差があるからと見た方がいいだろう。(Record China)
香港の俳優レオン・カーフェイ(梁家輝)が監督、主演を務める映画「深夜食堂」が8月30日に封切られた。その後の映画レビューサイト・豆瓣における評価は5.5ポイントと伸び悩んでいるが、2017年にホアン・レイ(黄磊)が主演を務めたドラマ版の「深夜食堂」の2.8ポイントと比べると少しはましと言えるかもしれない。中国映画・ドラマではリメーク作品ゆえに却って失敗するということもしばしばだが、中国版「深夜食堂」の「失敗」は、リメークの過程で問題があったというよりは、食文化やナイトライフ、情感といった面で中国と日本には大きな差があるからと見た方がいいだろう。中国青年報が伝えた。

「食」に対する見方は、中国と日本で異なる。中国人は、おいしいものを食べることを、楽しみとみなし、その態度はある意味「熱狂的」とさえ言える。「民は食を以て天と為す」や「人が鉄なら、飯は鋼(腹が減っては戦は出来ぬ)」、「串刺し肉さえあれば、何も問題にはならない」などの言葉が中国にあるように、その社会的心理やポップカルチャーには、「グルメだけには背いてはならない」という思いが隠されている。そして、過去に貧しさを経験した中国人は、「食」を一種の信仰の対象のような目で見ており、それをテーマにした映画やドラマが、その歴史や文化のレールから外れていたとすれば、物足らなさを感じさせることになる。

しかし原作の「深夜食堂」が伝えているのは、グルメを楽しむことではなく、その背後にある孤独やさみしさだ。中国人にとって、夜ご飯というのは非常に重要な位置を占め、テーブルいっぱいに料理をたくさん並べて食べるのを好む。そして、たとえ深夜に食べる夜食であっても、友達と一緒にテーブルを囲み、ワイワイと賑やかに食べるのを好む。日本人は、料理をたくさん並べることで、何か快感のようなものを感じようとすることはほとんどない。日本版「深夜食堂」で見ることができるのは、ご飯一杯、麺料理一杯があれば、心の中にある患い事を内に秘めておくことができるという情景で、グルメと主役の性格がうまくマッチしている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月4日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。