アフリカの地上で発揮される中国の「航空力」―南アフリカサイト

アフリカの地上で発揮される中国の「航空力」―南アフリカサイト
4日、環球時報は、アフリカの空港建設などの面で中国はその力を発揮していると伝えた。資料写真。(Record China)
2019年9月4日、環球時報は、ケープタウン大学の公式サイトの記事を引用し、「アフリカの航空業界で後発組である中国は、空港建設などでその力を発揮している」と伝えた。

記事は、エチオピア航空が1973年に中国便を就航させてはいるものの、その後の30年間は中国とアフリカとの間に目立った「空の関係」は見られなかったと指摘。かつてアフリカを植民地支配していた英国やフランス、オランダなどは早くからアフリカ航空市場に参入しているほか、過去20年ではエミレーツ航空やカタール航空などが積極的に参入していると伝えた。

一方で、「中国の航空会社はアフリカでは目立たない」存在であると記事は紹介。しかし、中国は地上でその「航空力」を発揮しているという。これまでアフリカのエネルギーや水、道路、鉄道などが投資対象だったが、最近ではこれに空港建設が加わったと指摘した。

その上で記事は、「中国の国内における空港計画、融資、建設、管理などの方面での経験は、アフリカにとって大きな益となっている」と紹介。17年のリポートによると、中国はアンゴラ、エチオピア、ケニア、ナイジェリア、ルワンダ、セネガル、ザンビアのプロジェクトに関わっており、これらの空港の投資総額の4分の1から3分の1を占めているという。関係する支出額が不明なガーナ、ジンバブエ、コンゴ民主共和国を除き、中国はこれらの空港へ約57億ドル(約6040億円)を投資したと伝えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年9月7日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。