<直言!日本と世界の未来>日韓関係悪化の背景に韓国の対中傾斜=「日本の重要性」低下―立石信雄オムロン元会長

<直言!日本と世界の未来>日韓関係悪化の背景に韓国の対中傾斜=「日本の重要性」低下―立石信雄オムロン元会長
日韓関係が最悪の状態に陥っているが、この背景には中国経済の拡大に伴い、韓国の中国依存度が高まり、韓国が日本より中国との関係を重視するようになったという事情がありそうだ。相対的に「日本の重要性」が低下しているという冷徹な構造変化に留意すべきであろう。(Record China)
日韓関係が最悪の状態に陥っているが、この背景には中国経済の拡大に伴い、韓国の中国依存度が高まり、韓国が日本より中国との関係を重視するようになったという事情がありそうだ。相対的に「日本の重要性」が低下しており、韓国は経済的にも軍事的にも日本より中国に接近しているという冷徹な情勢に留意すべきであろう。

韓国と中国は朴槿恵前大統領と習近平国家主席の体制が同じ2012年にスタート。以来、多様な戦略対話チャネルが結ばれ、朝鮮半島問題など政治・安保分野における協力関係も拡大した。中韓両国民の連帯と信頼を増進するため、文化交流、地域レベル交流、両国間貿易の年間3000億ドル目標の達成などを通じた戦略的な協力パートナー関係を推進。文在寅政権になって加速し、韓国経済における中国との結びつきが一段と強まっているという。左翼政権特有の現象との見方が流布されているが、そうではなく普遍的な現象であると思う。

韓国貿易に占める国別シェアは中国が日本、米国を15年ほど前に追い抜き、今では4倍以上の規模に拡大、なお増え続けている。中国の台頭といった構造的な要因はもはや変えられず、このままではかつてのような日韓関係は戻ってこないと懸念する。

世界は『米中2大国』時代になるというのが韓国の共通認識であり、米中とバランスをとる『連米・連中』が基本戦略。東アジア共同体や東アジア地域構想など多国間協力の枠組みを共に共有することが理想と見ており、中国をけん制するために、「囲い込む」という発想は希薄のようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年9月15日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら