米学者「中国が悪いとただ泣き言や不平を言うのはよい方法ではない」―中国メディア

米学者「中国が悪いとただ泣き言や不平を言うのはよい方法ではない」―中国メディア
16日、米中ビジネス・教育コンサルタントのトム・ワトキンス氏はこのほど、米紙デトロイト・ニュースへの寄稿で、「中国が悪いとただ泣き言や不平を言うのは米国にとってよい方法ではない」と主張している。資料写真。(Record China)
2019年9月16日、中国紙・環球時報は、米中ビジネス・教育コンサルタントのトム・ワトキンス氏がこのほど、米紙デトロイト・ニュースへの寄稿で、「中国が悪いとただ泣き言や不平を言うのは米国にとってよい方法ではない」と主張していることを紹介した。

環球時報が要約して伝えたところによると、ワトキンス氏はまず、「米国では最近、中国の繁栄に警鐘を鳴らしている『ポール・リビア(米独立戦争が始まる契機となったレキシントン・コンコードの戦いで伝令役を担った)』が多くいる。そうした試みは価値のあるものだが、中国の台頭についてただ泣き言を言ったり、不平を言ったりすることは、戦略でも計画でもない」とした。

そして、「中国が台頭を望むのは当然のことだ。中国は過去21世紀のうち17世紀において世界最大の経済大国だった。最近の2世紀に経済で西側諸国が中国を上回っているのが異常な状態なのだ。中国は40年前に世界に門戸を開いて以来、経済ロケットのようになっている」とした。

さらに、「われわれは中国の台頭について懸念を示す代わりに、中国が米国の滅亡に対価を払わないことを保証することに集中すべきだ。両国政府には、知的財産権から不公正な貿易慣行まで、解決に向けて互いに取り組まなければならない問題がある。中国について不平を言うことは勝利のための戦略ではない。中国を中傷し、選挙が行われる年のブギーマンにすることは、戦略でも計画でもない」とした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年9月16日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら