経済効果6600億円のくまモンはどうやって生まれたか―中国紙

経済効果6600億円のくまモンはどうやって生まれたか―中国紙
熊本県の営業部長としあわせ部長を兼務するくまモンは、かわいい見た目と愛らしい仕草で日本で非常に人気がある。(Record China)
日本の熊本県の営業部長としあわせ部長を兼務するくまモンは、かわいい見た目と愛らしい仕草で日本で非常に人気がある。「くまモンの父」である日本の有名デザイナー・水野学さんによると、くまモンの人気は次の3つの要素と切り離せない。1つ目はくまモン自身の努力だ。冬の寒い日にも夏の暑い日にも、くまモンはいつもよく働き、いろんな場所に積極的に出かけ人々とふれあって交流する。2つ目は熊本県が著作権をフリーにしたことで、誰でもくまモンのキャラクターを無料で利用することができる。3つ目は熊本県民の情熱で、この情熱がくまモンを育て、くまモンが故郷を離れ、遠くへ出かけていくことを可能にした。「環球時報」が伝えた。

1972年生まれで有名デザイナーの代表格である水野さんは、幅広い知識をもち、広告、イラスト、商品開発、ブランドデザインなどさまざまな分野で活躍している。主なデザインに、ユニクロ「UT」広告キャンペーン、日本の歌姫・宇多田ヒカルのアルバム・ジャケット、台湾のセブンイレブンの商品パッケージなどがある。世界的な広告界の賞・ワンショーのゴールドペンシル賞、クリオ広告賞の銀賞など、世界的に権威がある賞を数多く受賞している。

▽くまモンの収益は累計6600億円以上

くまモンの公式中国語名は「酷MA萌」だが、この熊本出身の可愛い黒熊は中国では「熊本熊」と呼ばれる方が多い。熊本県の最新のデータによれば、くまモンはツイッターのフォロワーが80万8000人に上り、2018年だけで1505億円の経済効果をもたらし、7年連続で記録を更新し、収益は累計6600億円を超えた。今年9歳になるくまモンは、今や日本で最も人気のあるキャラクターとなっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年9月20日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら